求職中にチャットレディをしていました

仕事をやめて、次の仕事を探すまでの間チャットレディをしていました。

チャットといっても普通にお話しをするものから、ちょっとアダルトな感じのものまでたくさんあったのですが、さすがにアダルトなチャットは勇気がなかったのでいわゆる「ノンアダルト」という区分の番組に登録しました。

登録する前に、どんな番組があるのかを検索してみて、安心そうなところ(アダルトでないところ)いくつかに絞って決めました。

チャットレディ自体は、Webカメラを準備して簡単な面接をしてから登録となるのですが、無事に登録をすることができました。
チャットの番組によっては、誰でも良いというわけではなくカメラテストを通過しないとダメというところもあるそうです。

私が登録したところはそこまで厳しいのかどうかはわかりませんが、素朴で普通の感じの女の子がたくさん登録していました。

チャットは、待機をしている私のところに、お話しをしたい男性たちがログインしてくるという感じなのですが、色んな人がいました。多くの人は自己紹介や、私のプロフィールなどを聞いてそこから話しが進んでいくのですが、たまに何も話さない人や、いきなりエッチなことができるかどうかを聞いてくるという人もいて、そういう人の場合はエッチなお話しはできるものの、エッチなこと自体は恥ずかしくて何とかして回避したい気持ちでいっぱいでした。

とはいっても、自分がちょっぴりムラムラしている時は一緒に楽しんじゃうこともありました。

今は、日中のお仕事が決まったのでチャットレディはお休み中なのですが、長期休暇の時はたまにしてみたいなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です